いづもおおやしろ むらさきの きょうかい

出雲大社紫野教会


   
                京都市北区にある出雲大社紫野教会のウェブサイトです

topbar 教会について参拝案内神道の信徒になる年間行事アクセス出雲大社についてご祈願出雲屋敷神葬祭神道式の先祖祭祀神道を学ぶお問い合わせ

 出雲大社の御祭神

 現在の出雲大社の御祭神はもちろん大国主大神さまですが、その昔、スサノオ尊とされていた時代がありました。
 出雲大社の荒垣入口の銅鳥居は長州の大名毛利家が寛文六年(1666年)に寄進したものですが、そこに刻まれた銘を見ると

 「一を日神といい、二を月神といい、三を素戔嗚というなり、日神とは地神五代の祖天照太神これなり、月神とは月読尊これなり、素戔嗚尊は雲陽の大社の神なり」

 と書かれていて、この時代はスサノオ尊が御祭神であったことがわかります。

 御祭神の歴史

 いつから切り替わったとはっきり伝わっているわけではありませんが、歴史を見ていきますと、古代からしばらくの間は大国主大神でしたから、創建時も当然、大国主大神であったことでしょう。また、出雲国造新任時に朝廷で奏上する「出雲国造神賀詞」においては「大穴持命(大国主大神)」「杵築宮(出雲大社)に静まり坐しき」との記載がありますので、この儀式を行っていた平安時代前期までの御祭神は大国主大神であったようです。

 鰐淵寺との関係

 ところが、これが中世の間のどこかから変わったようです。どうも鰐淵寺という出雲大社の北東にある大きなお寺との関係が起因となったようです。変わった理由について、國學院大學准教授の西岡和彦氏のわかりやすい説明がありますので、見てみますと、

 「中世の出雲大社は、神仏習合の影響を受けて、一時祭神は素戔嗚尊であった。それは鰐淵寺を中心とした縁起(いわゆる中世出雲神話)に、出雲の国引き・国作りの神を素戔嗚尊としていたことから、それが一般に広まり出雲大社までが祭神を素戔嗚尊とするようになったのである。」(しまねの古代文化第十一号、島根県古代センター)

 中世は神仏習合体制で、神社と寺院とかなり緊密な関係となっていたところが多く、出雲大社と鰐淵寺の関係もそうであったようです。最も神仏習合といっても、神社よりも寺院の方が力が強い事も多く、また学問といえば僧侶が中心でしたから、そのあたりも御祭神の変更に影響を及ぼしたのかもしれません。

 御祭神の復帰

 豊臣秀吉の唐入りの際、出雲大社は所領を大きく減らされた影響から、江戸時代に入って鰐淵寺との関係はかなり薄くなりました。
 また儒学が盛んになると、神道が見直され「日本書紀」が広く読まれるようになりました。日本書紀においては出雲大社は大已貴神(大国主大神)のお住まいとして建てられた、という話がありますから、江戸時代中期には出雲大社は公式文書にもはっきりと御祭神は大已貴神と記載するようになり、はっきりと大国主大神に戻った、というわけです。

 読み物一覧のページに戻る

お問い合わせ電話番号 出雲大社へ京都からの交通案内 出雲大社参拝ガイド

〒603-8216
京都市北区紫野門前町44-43 
TEL:075-491-2943地図 大徳寺前バス停より徒歩3分です



<紫野教会長が書いた本です>