神道は宗教なのか?

神道は宗教なのか?

 神道は宗教なのか、というのは議論があるところですが、結論から言うと「宗教」という言葉の定義が各人でバラバラなため、人によって言うことが違う、というのが現状です。

 そもそも「宗教」という言葉は明治時代にreligionの訳語として作られた言葉ですから、厳密に言うと宗教=キリスト教ということになりますが、これはかなりせまい定義になります。よく神道が宗教でない、という理由に「教義、教典がない」ということが挙げられますが、これは常に西洋のキリスト教を基準に比較するためこのような意見が出てくるわけです。
 また、現在の日本人が言う「宗教」は「宗教団体」のことを差していることが多いようです。「宗教に入る」という言葉がありますが、面白い言葉です。つまり「宗教に入らない」という状態があるわけですね。
 神職など神社関係者でもいろんな意見があります。ですが、基本的には宗教であると理解している人が主流であると思います。

 私個人の宗教の定義は、最も幅の広いものになると思いますが、「個人の生き方、行動の指針になる考え」はすべて一種の宗教だと思っています。神などいない、という唯物論も、宗教など信じない、という無宗教を自称する人の考えも宗教であると。最も、多くの人の間で広まらないと宗教ではないという定義も納得するところがあるので、正確には宗教的概念、というべきでしょうか。

 そういう考えの私の意見としてはもちろん、神道は宗教である、ということになります。自然発生的にできあがってきたものなので、はっきりとして教祖がいないのは当然ですが、教義が全くない、というわけではなく、まずは古事記、日本書紀などの神典などに表れる、古来から続く日本人の思想、道徳の規準などが教義に当たると思っています。

 仏教伝来以降、神儒仏習合体制が続き、宗教として一番重要な死と死後の世界については仏教が担当し、もう一つ重要な道徳的な面については儒教が担当したため、神道は現世の御加護を願う存在に留められ、具体的な教義が構築されることはあまりありませんでした。しかし、日本でも仏教なり儒教を見ると、中国から輸入したものではありますが、100%まるごと受容したわけではなく、日本人の思想にあったものだけを借用した、と言えます。また、明治期から第二次大戦まで続いた神社国家管理(国家神道)の時代では神社は宗教ではない、という建前でしたのでその影響もあります。
 しかし、現在は神仏儒習合時代も国家管理も終わり、自由な状況になりました。神道の教義を再構築し、人々の人生の指針としてもらい、世の中を良くしていく、ということが今一番必要なことであると思っています。

↑ PAGE TOP