いづもおおやしろ むらさきの きょうかい

出雲大社紫野教会


   
                京都市北区にある出雲大社紫野教会のウェブサイトです

topbar トップページ参拝案内神道の信徒になる年間行事アクセス出雲大社についてご祈願出雲屋敷神葬祭神道式の先祖祭祀神道を学ぶお問い合わせ

 風水ブームですが

 ここ10年ほどでしょうか、「風水」という言葉がブームになりました。風水というのは「地理」とも言い、元々古代中国で発生した思想で、陰陽五行説などに基づき、土地や家、お墓といったものの良し悪しを見るものでした。

 それが日本に伝わり、陰陽道など独自の発展を遂げ、四神相応の地と呼ばれたり、また平安貴族は方位、方角を非常に気にするようになり、方違えを行ったり、また鬼門である北東が凶とされたりしてきました。

 家相について

 そこからいわゆる「家相」という考え方も生まれてきたわけですが、家相の内容も多種多様で、陰陽五行説に基づくもの、方角に基づくものもあれば、単なる語呂合わせもありますし、日本人の生活の知恵から生み出されたのもあります。

 ですので、「家相って単なる迷信でしょ?」と言われる方がありますが、一概に全部がそうとは言えません。特に日本人の智恵から出てきた内容は、現代建築の今でも十分に通用しますし、また、科学的根拠がなさそうでもどうもダメという経験則で伝わっているものは、簡単に無視することもできません。

 実際にはなかなか難しい

 現在の日本では風水はどうも「インテリア風水」などのお手軽風水が人気なようですが、やってみてもあまり変わらないという話も聞きます。それはある種の対処療法的なものですから、本質の部分に手を付けずに大きな改善を望んでも難しいのは当然かもしれません。

 また、家相では詳しく調べれば調べるほど、家の間取りが難しくなってきます。鬼門に気をつけて、台所、風呂、トイレの凶相に気をつけて、寝室はどこに置くべきか、子供部屋はどうするか、とかいろいろと考えていくと、なかなか間取りがまとまりません。
 それから、すでに建ててしまった家の凶相に気がついてしまっても、そう簡単に引越も出来ないし、改築もお金がかかりますし、本当に改築したら現在の状況が良くなるのかというのは保証されたわけではありませんから、本当に迷ってしまいます。

 出雲屋敷とは

 そういう方にお薦めしたいのが、「出雲屋敷」です。これは出雲大社に古くから伝わる信仰で、出雲大社にお鎮まりになる大国主大神は、日本の国造りをされた神様であり、この大地を司る神様、大地主神としても尊崇を受けてきました。

 その大神さまに守って頂くために「出雲屋敷地鎮祭」という特別のお祭りを行います。これは出雲大社にお供えされた霊力の高い「お砂」を敷地の四方に埋め、また五方札という御神札を建物内に貼り、神棚を設け、いわば家全体を大神様の「神屋敷」とすることによって大神様の御守護を頂き、結果恐ろしい風水や家相の凶相、方位の災い等に対して気にしなくてもよくなるのです。
 また、それだけに留まらず、家内安全、家業繁栄の御守護も頂くことができるのです。

 出雲屋敷は出雲大社のお膝元である中国四国地方では大変広範囲に広まっており、多くの方がこの出雲屋敷で御守護を受けられています。また、出雲屋敷にされた方は「入氏子」などと称して、毎年大神さまにお礼の「年貢」を納め、新たにお札等を頂いて大神さまよりお力を頂きます。

 もっと詳しくお知りになりたい方は以下のページをご覧下さい。
 出雲屋敷地鎮祭

 出雲屋敷にできる家

 
 出雲屋敷にするためには、新築時に出雲屋敷地鎮祭を受けて頂くのが一番良いのですが、既存の家、建物を出雲屋敷にすることも可能です。また、マンションでもお受けになられる方もあります。アパート、借家の場合は家主さんが建物全体を出雲屋敷とされることもあります。

 出雲屋敷にするには

 出雲屋敷にしたい、という方は出雲大社紫野教会(075-491-2943)に、お問い合わせ下さい。また、もっと詳しいお話が聞きたい、という方もお気軽にお問い合わせ下さい。こちらに来て頂いて相談をお受けもしております。

お問い合わせ電話番号 出雲大社へ京都からの交通案内 出雲大社参拝ガイド

〒603-8216
京都市北区紫野門前町44-43 
TEL:075-491-2943地図 大徳寺前バス停より徒歩3分です



<紫野教会長が書いた本です>